1658 伊藤千尋さん講演

s-九条の碑

s-ごうてんじょう

今日は前から計画していた伊藤千尋さんの講演会。
まず九条の碑を見に行く。
白鳥の正法寺さん。
これを作った経緯や思いを聞く。
帰りに鐘も撞かせてもらった。
千点鐘というのを毎年行っている。
17時間かかるらしい。
住職は西澤さん。
俳句もやられる人であるが釈迦堂と呼ばれるところの天井(格天井・ごうてんじょう)は俳句がいっぱい。
外にある歩道にも俳句を彫った俳句灯ろうがいっぱいで壮観だった。
さて肝心の講演会。
九条は世界に広めなければならない。
ということで記者時代の話しや今の情勢、そして原発問題、自然エネルギーの話しと多義にわたったが90分間よどみなく大きな声で話されて迫力のある話しぶりにいわゆるパワーをもらったのだった。
コスタリカのことはやはり色々はなされた。
ニホンが九条を持っていることが絵に描いたモチになっているがコスタリカは実質的に憲法を隅々に生かしている感じ。
子どもでも知っているという。
ということで、解散をした亜米への批判もあり、今後の九条のあり方、エネルギーのあり方、政治の方向などいろいろヒントになることがあったのだった。
少しでも生かして行けたらいい。
「子どもでも 憲法生かせる 国がいい」
「九条は やはり世界に 誇れるもの」
「憲法は 理想でなくて 使うもの」1001
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク