1668 古楽の楽しみ


s-fasch.jpg

昨日届いたCD。
ヨハン・フリードリッヒ・ファッシュのコンチェルト集。
イル・ガルデリーノの演奏。
いわゆる古楽と言われる音楽。
イル・ガルデリーノにはオーボエのマルセル・ポンセールやヴァイオリンの寺神門亮がいるので好きだ。
聞いてみるとやはり古くさい感じがする。
そこがいいところかも知れない。
慣れるまで我慢だ。

小坂鉱山煙害運動歌(続き)可児義雄作
幾度か立ちて戦いし
友の血汐は報われず
募りてやまぬ暴戻の
刃は今や村人の
頭上冷たくひらめきて
我等は立てり断末魔

知らずや友よ厖大の
鉱主の富はいたましき
数多の鉱夫を虐げし
貴き血肉の犠牲と
我が村人の骨けずり
搾り取ったる結晶ぞ

ああ憎むべき残虐に
目醒めて起てよ我が友よ
我等は寒く飢えたれど
尚団結の力あり
呪いと共に奮い起て
起つべき時は今なるぞ

老いも若きも幼きも
援け援けて諸共に
憎みは深き資本家の
牙城を衝いて圧制の
恨みを晴らし永久に
守れや友よ我郷を

「わき起こる あの労働歌 今いずこ」
「労働者 権利あっても 行使せず」1011
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク