FC2ブログ

1832 アウシュヴィッツの歯科医

歯科医

標題の本を読了。
ベンジャミン・ジェイコブス著。
この前は「アウシュヴィッツの図書係」だったが、似た題名である。
ユダヤ人として各地の収容所に送られ悲惨な状況を体験した話が書かれている。
歯科医の勉強をしていたおかげで、またその治療用具を持って行ったおかげで悲惨な状況におかれながらも普通よりはちょっとだけましな待遇を受ける。
ちょっとしたロマンスもあったことは驚きだった。
目も背けたくなるような体験、それは絞首刑を見せられたり、その遺体を運ばされたり、死体から金歯を取らされたり、自らがむち打ちをされたり、ぎゅうぎゅう詰めの貨車の中で何日も閉じ込められたり、とこれでもかという悲惨な状況をかいくぐっている。
最終的には解放となるがその間際の事件も悲惨である。
もう少しで解放となるとき、当時の豪華客船に乗せられるのだが、その船の名は「カップ・アルコナ号」で6000人もの人が乗ったその船を解放者(味方)であるはずのイギリスの戦闘機に爆弾を打ち込まれて沈没。
そのために何千人が死んだのである。
海運史上まれに見る大惨事である。
そして戦後ドイツの人々の180度手のひらを返したような扱いに筆者は驚く。
いわゆる命令に従っただけというような。
ハンナ・アーレントのいう「凡庸な」悪である。
いずれにしても読んでほしい作品ではある。

「悪は悪 行動しなけりゃ 悪は善」
「凡庸な 悪で片付かぬ 悪がある」
「戦争に 愚かさを見る 人間の」0324
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク