FC2ブログ

1972 ダンソン2番

マルケス

久しぶりのいい天気。
朝は寒いくらいだった。
ちょっと前のあの暑さが嘘のよう。

テレビを買い換えたが今度のテレビはネットが見られる。
それでYouTubeを見る。
ドゥダメルのマンボはとても面白い。
もう一ついい曲を見つけた。
アルトゥーロ・マルケスというメキシコの作曲家の「ダンソン・ヌメロ・ドス」。
この作曲家は知らなかった。
1950年生まれとあるから自分より若い。
作曲が1994年。
メキシコの第2の国歌とも言われているらしい。
曲は10分くらい。
はじめにクラリネットのソロではいる。
これが非常に哀愁を帯びた曲調でノスタルジック。
そしてオーボエやヴァイオリンもこのフレーズを奏でる。
最初のクラリネットのメロデイが何度も出てきてすぐにおぼわる。
どこかで聞いたような感じなのだが、これが郷愁を誘うのだ。
何度も聴いていると涙が出てくる。
くらいだ。
途中、曲調が変わって第2主題。
激しくアップテンポなリズム。
これも聴いていて気持ちが乗って体を揺すりたくなる。
ドゥダメルの指揮はメリハリがきいていて聴きやすいし、YouTubeで見る限りこれがベストに思える。
映画音楽のようでもあるが、まあジャンルは何でもいいがいい曲である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク