FC2ブログ

1980 カバージョ・ビエホ

新しいことを知ることは楽しい。
自分にとっては新しい曲を知ること。
聴いていて気持ちのいい曲。
今日はまたYouTubeを見ていて素晴らしい曲と出会った。
この間からドゥダメルの音楽をいろいろ聞いているのだが、又一つ素晴らしい演奏に出会ったのだ。
曲はCaballo Viejo(カバージョ・ビエホ)、意味はOld Horse 「老馬」ということである。
作曲者はSimon Diaz シモン・ディアス。
ベネズエラの人である。
1928-2014で85歳でなくなった。
このカバージョ・ビエホはベネズエラのフォークソングからとったと言われるがベネズエラ人なら誰でも知っている曲だそうである。
ドゥダメルの指揮では合唱用に編曲されていてこの合唱が素晴らしくいいのだ。
YouTubeでは始めに合唱団が歌って、曲が終わる。
大拍手でまたドゥダメルが出てきて再度またこの曲をやる。
その時は客席の聴衆にも歌わせて大盛り上がりで聴衆は大感激の大喜びというわけ。
一度聞いたら耳について離れない。
作曲者はいわゆるベネズエラのシンガーソングライターで国民的芸能人みたいな人であるが、本人自ら歌ったものもあるし、プラシド・ドミンゴが歌ったものまである。
矢張り合唱が一番素晴らしく聞こえる。
曲自体は短く3分か4分てとこ
https://www.youtube.com/watch?v=1ooqT5HtZSE
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク