FC2ブログ

1985 沖縄沖縄

東本願寺が発行している「同朋」という雑誌がある。
その8月号の特集は「沖縄の痛みと向き合う」というもの。
まだ読んでいないのだが宗教雑誌がこういう企画をするのは珍しい。
東本願寺は九条改憲も明確に反対しているからこういう企画は珍しくもないのかも知れない。
巻頭インタビューは「落合恵子」さん。
矢張りむべなるかなである。
さてそれはともかく沖縄問題。
「世界」9の前泊博盛氏の論文はこの前少し紹介したが、あと少し。
スガ官房長官がいつもいう「普天間は世界一危険な基地」は何を根拠としているかということを国会議員らに聴いたが誰一人こたえるものはいなかった。
実はヘリが落ちたり戦闘機の事故などを合わせると普天間より嘉手納のほうが30倍もあるというのだ。
ならばなぜ嘉手納の危険除去や移設を考えないのか。
それは「嘉手納はアンタッチャブル」だからであるという。
この問題に触れれば亜米政権は間違いなく崩壊するという。
大体において危険というのは基地ではなく基地外で起きている。
普天間を飛び立った米軍ヘリの事故は基地外が75%だそうである。
ということは世界一危険な普天間という根拠は乏しい、ということになる。
いくら辺野古に移したとて基地外で事故が起きればどこに移したって同じなのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク