FC2ブログ

2036 キール軍港の反乱

水島教授のHPの記事でキール軍港の水兵の反乱というのを知った。
高校のとき学習したかも知れないが全然記憶になかったのだった。
この反乱というのは第1次世界大戦で、1918年、ドイツに厭戦気分が高まっていた頃、海軍のイギリスへの戦闘命令をキールにいた水兵たちが軍法会議による死刑を覚悟で出撃を拒否し暴動を起こしたことである。
それが11月3日。
逮捕者が出るたびにそれを取り返そうとする水兵が増える。
そしてキール市の行政を乗っ取り、そして全国に波及し、わずか反乱から8日で戦争の終結となった。
そして皇帝をオランダに追い出し共和制の国家が樹立する。
これをドイツ革命という。
そしてワイマール憲法が出来ていく。
この当時では画期的な憲法であり民主主義の基本みたいなものである。
女性の参政権が出来たのもこれから。
女性議員も生まれた。
キール軍港の水兵の反乱から100周年で記念行事もあるそうである。

沖縄の「反乱」から全国へ波及し、「皇帝亜米」を追い出し、共和制がならずとも本当の民主政府が樹立することをキールの反乱から学びたい。

「キールから 学び沖縄 から始む」
「理不尽に 向かう勇気が 歴史変え」1022
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク