FC2ブログ

2046 マルチ奏者

昨日のYouTubeはマイルスのミックス50を聞く。
するとこれまで見たことない、聞いたことない映像が出てきたので少し興奮した。
パリのライブは圧巻の曲と映像だったが、これはドイツでやった奴だった。
またチック・コリアとゲーリー・バートンのデュオ演奏映像も出てきて、これも非常に驚きの映像だった。
チックはピアノが主たるプレイヤーだと思ったがなんとビブラフォン(電気鉄琴とでも言おうか)をゲーリーと共に弾いているのだ。
それもプロ並みにうまいし、二人でやっているとあっちへ行ったりこっちへ行ったりと楽しませてくれる。
ゲーリーは無茶苦茶うまいビブラフォン奏者だがチックは彼に勝るとも劣らないプレイをしたのだ。
これは初めて見る映像だった。
得てして演奏家はドラマーでもピアノぐらいは弾けるものだが、どれでもうまく出来るとは限らない。
いくつもの楽器を弾ける人はマルチ奏者といわれるが、大体の人は専門の楽器を持っている。
ピアニストはピアノだけ、ヴァイオリンの人はヴァイオリンだけという風に。
そういうわけでチックはピアニストしてモーツアルトなどもこなせてダントツにピアノだけと思っていたのでそのビブラフォンに参ったというわけ。
マルチ奏者としては、キース・ジャレットだってピアノの他にサックスもやるし、おいらの好きなフランスのミシェル・ポルタルという人はサックスの他にクラリネットもうまいしバンドネオンもうまい。
ドラマーとして名高いアート・ブレイキーはやっぱりピアノが弾けるし、ジャック・デジョネットもドラマーだがピアノも弾ける。
ベース奏者のマーカス・ミラーはバスクラリネットがうまい。
などなど他にもこういう人は一杯いるだろう。
音楽を始めるきっかけは小さいときにまずピアノ。
そして他の楽器に興味を持って管楽器とか弦楽器とか打楽器に移る人もいるのだ。

ついに沖縄、工事に取りかかっちゃった。
知事が一生懸命対話というのにだ。
民主主義にあらずだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク