131201 人民のための

何を考えているんだろうね。
国家がそれほど大事なのかねえ。
人民より国家を大事にしたいって、国家って自分の手に余るものなのにね。
それとも本気で国家を我が手中にできると思っているのかね。
そんなに国家が好きなら、棺桶に入れて送ってやるよ。
持って行きなよ墓場まで。
誰かさんみたいに国家の上に君臨したいのかね。
してればいいよ一人でね。
秘密って国家のために秘密にするんだよね。
分かっているよ。
人民のための秘密じゃないもんね。
人民に隠すために秘密にするんだよね。
60年経っても秘密だってね。
そのころには秘密の数は膨大になっているだろうね。
分け入っても分け入っても秘密の山、なんてね。
もう、めんどくさいからみんな秘密にしちゃえなんてことになるかもね。

でも絶対そんなことにはさせないからね。
孫が泣くよ。
うちのじいちゃんがそんな法律作ったって。
だから絶対そんな法律作らせない。
あ、そんな法律作った人も秘密にしちゃえばいいか。
ずるいな。
でも絶対作らせないよ。
大きな声で絶叫するよ。
絶叫する人は正しいんだよ。
人民に秘密にしようとする人こそテロリストだよ。
石頭なんだよ。
そんな石は砕いてしまえばいいんだよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク