131210 人権

1948年12月10日世界人権宣言が国連で出された。
・すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。 第1条
前文と全30条からなる。
まだまだこの宣言に盛られた権利に背くような状態になっている国はいくつもあるようだし、自分の身の回りにも隠れた人権違反も見られるのではないか。
という意味でほかごとでなく不断に人権に対して注意を払って行かねばならない。
この頃特に気になるのはやはり子どもの人権である。
育児放棄、虐待、いじめ、子どもの貧困など保護者の責任もあるが社会の問題として考えなければならないであろう。
1990年発効の「子どもの権利条約」により子どもの権利は守られるべきであるが、日本はまだまだ後進国?か、日頃あまりその声を聞かない。
社会的に弱者とみなされている第一に子どもそして高齢者などに光を当てるのが権利を守る第一歩だと思う。
知る権利も人権の一つだとすると国家にばかり光を当てようとする秘密保護法は人権を保護しない。
だから国連からもやめろと言われたのだ。
政権中枢は多分人権感覚の無い輩ばかりなのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク