131213 集団的か個別的か

国会が済んでも「愛国心」「共謀罪」「武器輸出」など改憲にむけた企みが次々出る。
支持率が急降下せぬうちに早めにすませてしまえといわんばかり。
支持率は落ちるに決まっているが、支持率云々よりも元々選挙での得票率は半分にも行かなかったのだ。
それで信を得たと思うのは大間違い。
とにかくまた投げ出さないうちに改憲まで突っ走ろうという魂胆。
憲法無視の秘密法もさることながら、あれほど大事にしてきた安保という戦後の憲法と並ぶダブルスタンダードの安保まで無視しているのじゃないか。
というのは、改憲の前哨戦?ともいうべき集団的自衛権の容認にむけて動いているが、東京新聞半田滋氏は「日米安保条約との矛盾」と言う意味で、次のように述べている。
・・・日米安保条約第5条は「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃」への対処を定めている。すなわち「日本の領域が攻撃された場合」のみを前提にしているのが日米安保条約なのだ。この条約を無視して「海外に展開する米軍」や「米国の施政の下にある領域」(たとえば米本土)への武力攻撃対処に日本が踏み出すべきだというのは、筋が通らない。・・・
長くなるので引用はさけるが、「日米同盟を強化」を訴える割に安保を無視して進めようとしているというのだ。
公海での米艦艇の防護でも集団的自衛権の行使の必要性は生じない、し、米国をねらった弾道ミサイルの迎撃についても技術的も無理だし集団的自衛権などということは生じない、と述べている。
つまり何が何でも集団的自衛権を容認したいだけで実質は無理である、つまりトリックにしてしまっているというのだ。
で、解禁は無理だと気づいた安保法制懇は部分的解禁は意味がないので全面的に認めるしかないと言い始めているという。
いずれにしても安保という憲法とは相容れないものを無視しながら改憲のためにだけ集団的自衛権を容認しようと言うことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク