131223 解釈

ネットで見ると、
「武器輸出三原則は、共産圏と国連決議による武器禁輸措置をとられた国、及び紛争地域への武器輸出を禁止したものであり、他の地域への武器輸出は「慎む」とされているため、武器輸出そのものを禁止しているわけではない。しかし、日本は原則として武器および武器製造技術、武器への転用可能な物品の輸出をしていない。」
のだが、例外規定を作ったり、見直し論が出たり、誰それの談話が出たりしてだんだんとその原則が変わってきたところがある。
いわゆる拡大解釈だったりするわけだ。
今回は例外を認めるということで、「人道上とか緊急性」を鑑みということにしているが、ずるずると例外を作って既成事実化してなし崩しにしていくつもりだろう。
はやばやと集団的自衛権のみならず改憲の下ごしらえをしたように見える。
落ち着いて考えれば九条違反である。
某党にはもう自らの暴走を止めるものもいないらしい。

今日はかの人の誕生日であるが、NHKのニュースとNステのニュースを見ていてやはりそうかと思ったこと。
新聞にも話したことがそのまま掲載されているが、憲法という言葉が2回使われている。
戦後が憲法により平和と民主主義の国になった云々ということばだが、NHKは1回もその部分を出さなかった。
Nステは1回そのところを出し解説者もそのことに言及していた。
皮肉にも?その方の憲法観は正しい。
がそれを放送画面に出さないNHKはどーなのか。
すでに会長の息がかかっているのか。

某党がメディア(新聞)に対して反論集を配ったと出ていた。
秘密法が誤解されてニュース化されているのでその誤解に対して反論するというのである。
東京新聞によると相変わらずの的はずれで反論になっていないという。
よくもそんなものを恥ずかしくもなく出したものだ。
仮にも政治家ともあろうものがである。
懲りない面々、恥じない面々、傲慢無知な面々。
だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク