335 立てない

またぞろお得意の「美しい国」。
よせばいいのに今日頃メッセージ。
この日を選んで出したみたいな。
極右まるだしもいいところ。
こんなに格差のある社会を作り出したのは誰だったのか。
誰のためにまつりごとをやっているのか。
すでに見放されているハメリカにまだなおしっぽを振るのか。
ハメリカのみならずEUにもアジアにも見放されているのではないか。
見放されているのは国民ではない。
リーダーたるあくまだ。
原発推進なら福島に行って住むくらいの気骨はあるのか。
戦になれば積極的に前線に立てるのか。
その上で美しい国を唱えろ。

なんだかやたら日の丸を門口に立てている家がそこらここらにあって気になる。
人に勧める人までいてよけいなお世話だ。
どうも隣が立てると自分の家も立てないとおかしいと思われるという田舎根性か。
隣組の腐れ根性だ。
多分これは田舎の風景だろうが、都会じゃどうなんだろう。
都会で軒並み立っていたらそれこそ気持ち悪い。
そうなったら終わりだな。
そうなったら美しい国になるのだろう。
あくまやだぼはぜやはじもとやいじばらやいじばの喜ぶ世界になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク