336 納古山



久しぶりの登山。
今日は加茂郡七宗町にある納古山633mのこやま。
朝9時に家を出て登山口着10時半。
中級コースを登る。
途中岩場があり結構急なところあり危険でもありそこが中級ということか。
岩場の上では視界が開けて東方面の絶景が見られた。
今日はいつものトリオでなく一人が行けなくて二人で登る。
雪が心配だったが樹間にはやはり雪が残り踏み固められて滑る。
道は中級は急峻なところもあり慣れないと怖いが、どうにか気をつけて事故もなく登れた。
途中半分くらい登ったところで20歳代ぐらいの若者二人に追い越される。
急なところをすいすい登っていく。
そして、4分の3ぐらい登ったところで今度は40歳代ぐらいの夫婦と見られる男女にまた抜かされた。
女性なのにすこぶる元気でやはりすいすいと登っていく。
今日は絶好の登山日和というか天気は快晴。
頂上近くになると汗でだくだく。とうとう上は下着のシャツ1枚で行く。
でも頂上間近で人がいるのでまた着た。
頂上着12時9分、約1時間半で到着。
頂上は360度の絶景。
少しだけ南方面がかすんで見えるだけで、空気が澄んで実に見応えのある風景だった。
御岳がここでも一番目立つ。
その横に乗鞍。
そして北アルプス。
西穂高、穂高、南穂高。
御岳より南には恵那山がでーんと構える。
そして北西の方角には白山がびしっと見える。
美しさでは白山が一番。
南の下界を眺めると美濃加茂市が広がりずっと向こうには伊吹山。
そしてうっすらと名古屋のツインタワーも見える。
人気の山とみえて頂上には我ら含めて12人いた。
山好きの人ばかりで話が弾む。
一人の方は近くの方で毎日ぐらいに登っているとか。
1月は28回登ったが、30にしたかったので1日に2回登って30にしたそうな。
70才ぐらいの人だったが、山登りが仕事みたいなものだと思った。
帰りは初級コースで降りる。
中級と合わせると周遊コースとなる。
今日は今年初めてで絶好の山登り日に登れて幸いだった。
写真は雪が美しい白山
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク