345 NHK

NHKのモミイやヒャクタやハセガワの妄言や居直りみたいな発言に義憤を感じるので意見をメールで出した。
即刻退任せよという趣旨。
初め680字ぐらいになったが、400字以内で書けというので400字にした。
ここには初めの下書きを載せる。

この度の籾井会長発言、百田委員発言、長谷川発言は放送の公平中立をうたったNHKの服務基準から鑑みて明らかに基準からはずれた発言・行為と見なさざるを得ない。この3氏の発言について経営委員会は見解として「•経営委員としての職務以外の場において、自らの思想信条に基づいて行動すること自体は妨げられるものではないと認識している。」としているが、経営委員の立場を離れれば何をしてもいいというのは間違っている。経営委員はいわば公人であり、職務を離れていても経営委員としての立場はついて回るものである。一人の人間としてこれはこれあれはあれという区別は付かない。経営委員としての立場を離れたら、不偏不党、公平中立の基準を離れた行動をしてもいいという考えは国民・視聴者を愚弄している。長谷川委員は、「常識を疑ってみる目」を持って委員になったと言われるが、NHKの不偏不党・公平中立の立場であるという「常識」をすでに「疑って」いたということだろう。とんでもないことである。百田委員は、「自分は個人的信条にもとづいて行った行為は問題ないと考えている」と述べているが、これも自分の立場をわきまえない発言であり、到底一般の国民・視聴者には受け入れられない発言である。すでに諸外国(イギリス、ドイツなど)からNHKの体質の変化について警戒の念、警告、揶揄などが発せられている。NHKは政府のいいなりの国営放送になったのか、右に偏向しているのではないかという懸念である。以上によって3氏については即刻退任を要求するものである。退任なき場合は一時的ながら受信料の支払いをストップする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク