361 反原発脱原発

あちこちで反原発集会が開かれたようで新聞の片隅に載っている。
片隅にでも載っているのは良心的な方だろう。
今日は日本国営放送も国会前の反原発デモを少しだけ取り上げ流した。
ネットのニュースでも取り上げている。
キンカン集会と言う言葉を聞いたが、はやりの略語みたい。
金曜日官邸前集会のことのようである。
それはともかく、今日は地元の九条の会に行ってきた。
そこでも少し原発の学習をしたのだが、やはり学習しないと知らないことがそのままになる。
今回そうかと思ったことは、大飯原発差し止め訴訟での口頭弁論での発言から、福島では除染のための焼却炉を作っているということである。
環境専門学者の意見では焼却処分は決してしてはいけないという人が多く、もし焼却するのであれば福島第2原発内のバグフイルター突きの焼却炉でなければ危ないらしい。
鮫川村の簡易焼却炉で試験焼却を始めたところ10日も立たないうちに爆発事故を起こしたらしい。(これはニュースにならなかったのではないか、自分は知らなかった)
住民にはこの事故のことは知らされていない、という。
そして守秘義務を理由に情報を出さないまま再稼働しようとしている。
福島では30カ所ぐらい作ろうとしている。
海や川を汚し、大地も汚し、今度は空までも汚そうとしているのだと言っている。
水や大地ばかりでなく空気まで汚されたら人間は生きてはいけない。
このところ日本国営放送(略してNKH)は原発問題の特集番組をいくつかやるようであるが、この辺のところをやるかどうか見定めたい。
昨日は自主避難者の苦悩についてやっていた。
避難区域外の避難者にはあまり手厚い保護の手を差し伸べていないと言う問題だった。
復興大臣のインタビューも載せていたが、やはりつっこみ不足。
明らかに弱者の切り捨て、見切り、見捨てだが、復興大臣の言葉に改善の言葉はなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク