367 気骨

竹富島の教育委員会の選択が悪いといって、政府が文句をつけた。
右翼的な教科書を選択しなかった。
教育委員全員が反対とある。
なかなか骨のある委員だと思う。
こういうことをなくすために教育委員会制度を変えようとしている。
首長が気に入る教育長にしようとしているのだ。
今の政府がやっていることをそのまま当てはめようとしている。
これでは中立性も何もあったものではない。
金は出すけど口出さないというそもそもの趣旨が理解不能であるらしい。
断固口出しに逆らってほしい。
無償制度があるにもかかわらず見せしめみたいに政府は金を回さないので寄付でもって教科書を都合しているらしいが、まったく金も出さず口だけ出すとは言語道断である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク