398 ハレルヤ

何気なくネットを見ていたらYouTubeでどこやらの神父さんが結婚式で「ハレルヤ」を歌うのをみた。
非常にうまかったのでびっくりした。
ソプラノ的な高い音を難なく出していてすごい。
初めはおやおやと思って聴いているが、だんだん本格的な歌声になっていき、そのうち圧倒的な声量に圧倒されて聞き惚れてしまう。
今のところ4日で700万アクセスという。
素人でオーデション番組に出て一躍有名になった人がいたがそれに匹敵するほどのうまさであった。
「ハレルヤ」はレナード・コーエンの作った歌だが、聞き直してみると落ち着いたいいメロディの曲である。
レナード・コーエンはフォーク・ソング的な歌を作るシンガーソングライター。
詩人としてもなかなかの人である。
ついでに検索して彼自身の歌う「ハレルヤ」を聴いてみたが、残念ながら自分としては神父さんの歌う「ハレルヤ」の方が断然良かった。
しかしレナード・コーエンの声は滋味であり重量感のある低音が魅力である。
この前なくなったベルベット・アンダーグランドのルー・リードの声によく似ている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク