406 絶望

時間ぎりぎりというか田植えまでのスケジュールを見ると、この辺で田んぼにかからないと間に合わないかも知れないので、今日は全田んぼの田起こしをした。
秋に一度起こしてあるので今日は、速度を速めてやった。
天気もよく農作業日和には違いないが花粉を浴びまくりである。
夜になって眼のかゆみが尋常でなくなった。
夕方水を入れておいた。
次の作業は、代掻きである。
水のもっともいる時である。
あっちでもこっちでもトラクターの音がかまびすしい。
BTW、今夜オバマがやってきた。
おぼっちゃ魔は行きたかったヤスクニを我慢して供え物だけおくってお茶を濁したようだが、ちゃんちゃらおかしい。
今度は行きませんでしたよとでもいって威張るつもりだろうか。
それで前回の挽回をしようという魂胆なのか。
失望から絶望だな。
それにしてもおぼっちゃ魔軍団のオバカさ加減よ。
おぼっちゃ魔が行かないからその代わりにでもなかろうが、次から次へとヤスクニ詣でとは。
自分らは下っ端だから関係ないとでも思っているのか。
あさはか軍団だ。
そのままヤスクニに居着いて出てこなければいい。
それはともかくオバマの真の狙いはお隣のシューキンペーであり、そっちと仲良くしたいので、おぼっちゃ魔が集団的自衛権、集団的自衛権といって騒ぐのは痛し痒しといったところだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク