452 葦

川の土手の草刈りをしたらすっきりした。
川の中の葦もものすごく繁茂してしまって見苦しい。
長年のうちに土砂が堆積してしまってその上に生えたものだ。
水の流れるところよりも葦の生えている面積の方が大きい。
それで少しだけ毎年刈り取っている。
今年も同じ場所を刈り取った。
この堆積した土砂をとってくれるよう行政に頼んでいるがなかなかとってくれない。
去年秋に業者が葦を刈り取ったのでやっと土砂の○○が始まるかと思ったが何故かやらなかった。
この間、田んぼの水を見てたたずんでいたら、自動車が止まって、ある人がこの辺の川にサンショウウオはいますかと尋ねられた。
その他このあたりの魚のことについて尋ねられた。
目的の1番はサンショウウオのいるかいないかだった。
もしもいたら土砂の○○は慎重にしなければならないしいなければすぐにでもできるということらしかった。
土砂の○○をしなかったのはそういう訳かと思ったのだった。
10年以上前には一回○○をしたのだが、今回はそういうことがあったのだ。
ちなみにそれを調べて私に聞いてきたのは、私が高校の頃新任で赴任したばかりの生物の教師であった。
○○という言葉が思い出せない。
何だっけ。
池や海や川などから土砂を取り除く作業のこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク