484 防災

先日地域住民が一体となって防災訓練をした。
いつもは9月にやるのだが今回は事情があってこの時期にやった。
いつもは区ごとにやっているのだが今回は村中でやった。
7つの区がある。
1次避難場所にまず避難してその後2次避難場所へ移動するというものだった。
その際安否確認カードというものを使ってそれぞれの世帯の人数確認をした。
やはりどの区も高齢者の一人世帯とか女性の一人世帯とかが増えている。
そういう場合隣近所の助け合いが大事になる。
いわゆる共助といわれるものだが、日頃からお互いに話し合ったり情報を共有しておかないと共助もうまくいかない。
区で集会などを開いたときには時々そのことについて確認しあうことが大事であろう。
今後東海地震や東南海地震などの災害が起きることは確実である。
また原発の再稼働も容認しているような政府だから、原発災害についてもどうすべきかを考えておく必要がある。
しかしもし原発災害が311のときのように起こったら、まず避難は困難だろう。
それにだとするともう終わりということになるのではないかと思う。
原発はドイツみたいに廃棄すべきである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク