499 棄民

16才で満州へ送られ開拓をし、その後シベリア抑留を経て帰ってこられた人の話を聴いた。
中国人を追い出して開拓をするということは知らされず、国策として土地を奪うために行かされたようなものだ。
戦争が激しくなると現地で召集され、戦争が終わるとシベリア抑留という国から見放された体験をして帰ってこられたのだ。
国は国民に対しては甘い話で釣って結局は最後まで面倒を見ることもせず棄民化したということだ。
帰国に際してもソ連からの帰国者ということで思想調査まがいのことをしたという。
国策という名の下の騙し(だまし)と棄民という反人道的なことが行われたのだ。
戦争は個人を守らないということがよく分かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク