573 ノーベル賞

順次発表されるようであるが、平和賞が気になる。
にぽんの憲法九条が対象に上がっていると新聞も報じているが、もしもほんとに受賞したら大変なことである。
いい意味で大変である。
平和賞のみノルウェー政府が選考して受賞者を決めるとあるが、これまでの受賞者の中にはクエスチョンの付く人がいくらかいる。
一番?!の人は佐藤栄作。
非核3原則を作ったとかで選んだらしいが晩年の行状を見る限り返せといいたくなる。
オバマも核をなくすという演説のみで貰ったようなものだが、その後の活動はそれに値することをしているか疑問。
ダライ・ラマやスーチーさん、中国の劉暁波(りゅうぎょうは)など国内では抑圧されている人がいて受賞に対して政府に冷遇されている。
数日前我が書庫に入って本を見ていたらエリ・ヴィーゼルの「夜」という本が出てきた。
アウシュヴィッツ体験を本にしたものである。
裏を見ると1970年12月に読了とあるからかなり前の本である。
当然、内容はほとんど忘れた。
再度読んでみようと思い持ってきた。
そのヴィーゼルもネットで見ると1986年に平和賞を受賞している。
しかし、もっと詳しく見るとホロ・コーストを単なる金儲けのネタにしているという批判も受けているのだが。
いずれにしても平和賞は誰が見ても平和に貢献した人や団体に送られるよう望むものだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク