584 声聞くときぞ

日が短くなって夜が長くなる。
ここは奥山に違いないが、家のすぐそばで鹿が鳴いている。
こんなに近くで鳴くのは初めてだ。
人間と鹿は昔は里と山に棲み分けていたが、今は里で共存である。
鹿の鳴く音を聞きながら、物思いにふける。
まるで古典的感傷の世界だ。
鹿の鳴く音は、悲しい、哀しい、寂しい音がする。
ぴーと笛を吹くような。
さてそれはさておき、夜長となれば読書であるが、まるでそれが出来ていない。
読みたい本が積み上がるばかり。
寝しまにちらっとかじる程度しかできない。
読んでいるとすぐ眠たくなる。
アイパッドで無料アプリを使って、昔の本などを探すとあるわあるわ無料で読める本が。
漱石、鴎外、太宰、宮沢賢治など版権の無くなったのはいくらでもダウンロードして読める。
新しいのも金を出せば読めるのだが、試し読みみたいのがあって、少しだけけ読ませてくれるのもある。
キンドル版もアイパッド用のがあるのでダウンロードできる。
試しにナオミ・クラインのThis changes everythingをダウンロードしてみた。
結構長い文章が出てきた。
英文だから多分全部は読み切れないだろうが、少し読んでみたいと思う。
夜長だから音楽も聴きたいし本も読みたいし。
と思っているうちに、眠たくなって何も出来ぬうちに終わってしまう。
鹿はそのうちに鳴かなくなったが、夜中に出てきて恋のさや当てか。
さや当てはいいがまた子どもが増えると困る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク