588 反発力

ああついに来たかという感がある。
道徳の教科化。
戦後、復活をねらっていた修身の現代版。
現政権の遮二無二突っ走る姿勢がよく分かる。
そこどけそこどけである。
昨日の話題になった戦争へ突き進む道の3用件。
1戦争容認の国民感情 2戦争のできる軍隊がある 3戦争をやろうという政府がある。
この内の2と3はすでに着々と整えられた。
2については九条があるので今のところはおいそれと活動は出来ないにせよ準備万端というところである。
問題は1である。
どうにかして唆してでも戦争OKの気分にさせようという。
近隣が危ないやつだという気分を作る。
もう一つはやはり教育を攻めることである。
教基法を変えて愛国心を盛り込む。
そしてついに強制的に道徳の教科化でもって愛国心の注入である。
これでほぼ3用件は揃ったことになる。
このところぼろの出始めた政権だが、押し返す力はあると思わねばならない。
押されれば押されるほど反発力は強くなるのだ。
そのことを肝に置きつつ行動をしたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク