FC2ブログ

591 男と女

人生は色々である。
同窓会の面々の人生を考えるとまさに様々。
みんな幸も不幸も背負ってきている。
すべて幸だったやつもすべて不幸だったやつもいない。
幸いにしてだいたい今が幸の奴等が集まっているように思う。
集まってこないのは今の状態が少なからず不幸を背負っているかそれとも幸の絶頂で同窓会なんてステーキのツマほどにしか思っていないやつだろうと思う。
しかし、大体酸いも甘いも分かったやつばかりなので無礼講で盛り上がったのだった。
しかしながらこんな歳になっても男は女を女は男を求めているというか異性がいないとつまらない感じがする。
終生変わらぬ人間の性(さが)なのかもしれない。
文化は男と女の間にあるものか。
宗教も男と女の間にあるものか。
あるいは男と女の間にあるものは文化や宗教である。
といってもよかろうか。
それはさておき、同窓会の会計処理をしたが、赤字にならず少しだけ残っただけでほぼぴったりだった。
もう若干残るくらいがよかったが、1回限りの会ならば大成功といえるだろう。
と自画自賛して終わり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク