594 風呂でユリイカ

ゆっくり風呂に入っている時間は至福の時間だ。
風呂の中で寝ていることも多い。
寝ているということは意識がないということだが完全にないということもない。
半分無意識なのである。
半分かどうかは計りようもないのだが。
それはともかく、しかし意識があるときはどうなのか。
何か考えている。
ブログに各記事のネタも時々風呂で浮かぶ。
ブログ記事は毎日ネタ探しに困るくらいないのだが、風呂で思いつくと、ピタゴラスじゃないが「ユリイカ!」なのである。
今日はその「ユリイカ」をユリイカしたのだった。
「ユリイカ」は詩の雑誌である。
復刊当初から読んでいたが20年以上読み続けてやめた。
読んでいたというより取っていたといった方がいいかも。
最後の方は本屋さんから届くだけで中身はほんの数ページ読むだけであった。
そしたら連れ合いにカットされてしまった。
他にも「現代詩手帖」も同じく取っていたが、これもカット。
しかし、その間の詩、特に現代詩は読んでいたことになる。
最後の方ではグッと来る、ピンと来る、ぐさっと来る、ハッとするような詩はほとんどなかった。
というか、感性が退潮してしまったのかもしれない。
今の詩の現在はどうなっているのだろう。
と思うが、やはり退潮してしまった感性のじじいには読んだところでグッと来ることはないだろうと思ってしまう。
BTW、新聞に、ジャズピアニストで数学者云々の記事があったので誰かと思って見てみたら、「中島さち子」さんだった。
彼女は、かつて10年以上前だったか「渋さ知らズ」のメンバーだったので覚えていたのだ。
「ピットイン」で見た(聴いた)ことがある。
数学とジャズは似ているところがあるといっているが、そうかしらと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク