668 介護

認知症ではないがトイレ介助が必要である認定2の介護者がいる。。
頻繁に行きたがるので昼間はいいとしても夜は大変。
朝方など1時間置きに行くのでついて行かねばならない。
睡眠がまとまってとれない。
やっと眠りにつけると思ったらまた起こされるということが繰り返される。
一人ではえらいので交代でする。
世にはもっと大変な介護者を抱えている方がおられると思うが心中を察するとお気の毒である。
老老介護になるとさらに悲惨な状況が予想される。
たまに介護に疲れて殺人が起きることもある。
あるいは虐待や心中といったこともある。
その気持ちはよく分かるがそこに追い込まれる前に手立てが必要である。
介護に必要な手立てはデイサービス、ショートステイ、ホーム入所、訪問介護など色々あるが、やはり大勢の人が関わりを持つことが必要であろう。
介護される人ではなく介護する人への支援である。
新聞によると介護に対する国の補助が何%か削られるようである。
ただ介護職員に対する賃金は上げられるという。
賃金上昇は結構なことだが、運営に対する補助を削るのは遺憾である。
職員は賃金は上がったが、さらなる激務になりかねない。
あるいはサービスの低下も予想される。
全体としてやはり弱者切り捨ての政策としか思えない。
防衛予算は増えるばかりで削られるのは弱者対策である。
国のあり方として本末転倒だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
welcome
検索フォーム
リンク