678 懸念

IS=イスラム国が人質に2億ドル要求。
ほんとだとすれば思ったより早く危惧していたことが起こったということになる。
前のイラクでの見殺しを再びするのか。
危ないところだ。
新聞の片隅に海外派遣を恒久的に出来る法案を出すとある。
ISに乗じて国民的賛成が増えることを懸念する。
もう一つ懸念。
子どもの少ない学校の統廃合の規準のようなものの見直しとある。
我が母校は全校で10人程度。
これじゃあひとたまりもない。
学校がなくなることは地域に元気がますますなくなるということだ。
確かに少ない人数のデメリットはある。
しかし、しかしだ。
もしも地域に学校がなくなったら無くなった地区の住民は置き去りにされたような空虚感を持つに違いない。
農協の統廃合も進んでこれも空虚感を持つ。
格差が開いていくと同じで寂れたところはますます寂れさせられる。
住民にとって住んでいるところは替え難い。
フクシマの仮移転した住民の気持ちがよく分かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク