680 交渉人

3回目のプール。
今日も1500m歩いたり泳いだり。
FBを見ていたら、イスラム国との交渉に当たると名乗り出た人(常岡なにがし)に対して政府は断った、とでている。
どれほどの人かはよく分からないが、断られた人は怒っていた。
実際、藁をもつかみたい現実なのに断るのは他に策があるのかと思うが、あらゆる手立てというと一つばかりではないはず。
折角のチャンスを葬ったとなると重大なミスとなる。
と思っていたら又一人中田なにがしという人がでてきた。
イスラム国の教義はもはやイスラム教の教義を逸脱してしまっていると思われる。
普通といったらおかしいかもしれないが普通のイスラムの人たちは穏健な人であり、今回のことで誤解を生む恐れがあるといって迷惑がっている。
今、イスラム国と交渉を進めるチャンネルがないということが難しいところだ。
政府は命優先といいながらテロには屈しないといっているが、その矛盾をどう克服するのか。
私の思いついた案。
1、金を出すと首相がメディアに発表する。その上で交渉人誰か(外相か副首相)を決めた場所に派遣し、そこで相手の交渉人と交渉する。
2、スンニ派の教主に頼んで交渉を依頼し相手の交渉人と交渉する。
3、首相自ら相手の交渉人と交渉するために約束の地に出かけて交渉する。
・・・3は当然本人がいやがるだろうからしないだろうが、そのくらいの気持ちがなければ、国民の命を守るといった言葉は嘘っぱちになる。
・・・まああまりにも素人っぽい案だが時間との勝負、気になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク