807 歌声

地元の公民館で歌声の行事「うたおまいかい」が夜にあった。
朝は覚えていたが、夕方になってすっかり忘れてしまっていて、夕ご飯の後、今夜は何かなかったかなとふと思ったら歌声があることを思い出す。
それで30分ほど遅れたが駆けつけた。
昼間にやるとなかなか来られない人が多く、夜にやることにしたのだが、残念ながら今回も出席者は少なかった。
せめて20人ぐらいは期待していたが、半分以下であった。
現役の人たちは昼間は無理だしと思って金曜日の夜にしたのだが、思惑はずれだったということだ。
次回は土日の昼間にしようと思うが、ピンポイントで呼びかけをしようと思う。
歌は昔の懐かしい歌が多く思い出しだし歌詞を見ながら歌うのであるが、一人でなくみんなで歌うので中にはハモって下さる人もいて楽しい。
伴奏者もピアノ、ギターともプロ並みにうまいので楽しい。
司会者兼指導者も話術巧みで盛り上げてくれるので楽しい。
自分らにとっては青春の歌が多いので若返ったようで楽しい。
大勢いると知らない人もいるが友達になれて楽しい。
歌集を見て「心騒ぐ青春の歌」がなかったので少し残念。
この歌が歌いたかった。
「ゆきやかぜ ほしもとべばー わがこころは はやとおきちに」
という古い?歌詞のほうが好きだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク