853 第46条

第四十六条 参議院議員の任期は、六年とし、三年ごとに議員の半数を改選する。
解散のない参議院。
任期は衆議院より長く6年。
3年ごとに半数の改選がある。
衆議院と違って6年も議員として居座ることが出来る。
メリットは何か。
よくわからない。
衆議院の優越をいわれると参議院はいったい何がメリットとしてあるのか。
衆議院で可決したものが参議院に送られてそこで否決されたらはい終わりでなく再度衆議院の3分の2以上の可決をすれば成立する。
いくら議論しても衆議院に戻されて再可決さるのであれば、参議院の立場はどうなるのか。
単なるお飾りにしかならない。
ということで参議院の廃止を求める声もあり、2院制より1院制を望む声もある。
今度の安保法案も同じである。
いくら否決しても衆議院へ戻されれば可決されてしまう。
良識の府といわれても、衆議院がアホだったら元も子もないというか、その良識が役に立たないことになる。
良識の府ならば良識の府たる何か伝家の宝刀のようなものがあってもいいのだが、そういうものはないのかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク