861 第53条

s-マンゴー
沖縄土産のマンゴー。
第五十三条 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。
内閣自らの提案で与党などの賛成を得れば臨時会が出来る。
また議員の側からの提案でも4分の1の賛成を得れば出来る。
普通は臨時国会と言われる。
常会でやり残した議案を続けてやりたいときなどに召集されることがある。

BTW学者の会の反対運動は1万人以上の数に膨らんでいる。
益川ノーベル賞や著名な人が後押ししているのは心強い。
でもやはり人それぞれ、この法案に賛成の学者もいる。
民主主義だからどんな意見もOKだから、それはそれでいいが、ABらはこれらの人を重用する。
しかしながらもう今ではきわめて少数であるということだ。
コーメー党の支持母体であるSGKも内部的には割れ始めたようである。
この前国会前に行ったときにも「SGI Against Fascism」と書いた看板を掲げている人がいた。
平和の党の看板はもう薄汚れてしまった。
この圧倒的世論の反対の高まりに対して彼らは内部的に説明できるんだろうか。
世論調査では共産党の方が支持率が高くなっている。
これも逆転現象である。
このままABとともに共倒れをさせるしかない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク