862 第54条

マンゴーというのは結構高いもんだということが分かった。
一個1000円以上もするとは。
第五十四条 衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から三十日以内に、国会を召集しなければならない。
○2 衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。
○3 前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後十日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。

普通は内閣不信任案が出されたときに総理大臣によって解散を発せられる。
が、不信任案が否決されたときはその限りではない。
あるいは自分の党に有利な条件がある場合に解散をすることもある。
この前の解散がそうであった。
任期を半分以上残して解散は税金の無駄使いだといってたしなめられたことがある。
解散権は総理大臣の専決事項だといって伝家の宝刀のごとく言われることがあるが、むやみやたらと振り回すことは許されない。
解散するにも国民の税金を使うことになるからだ。
今回、この「戦争法案」を巡って国会と国民の意志とはかなりずれている。
このようなときこそ、解散をして国民の意志を問うべきである。
多分負けるから解散はしないだろうが、野党としては解散に持っていくような手立てを考えて追い込むべきである。
廃案への道は内閣総辞職解散か不信任案可決解散か、内閣の自主的解散か、総理の突然辞任解散かである。
突然辞任劇は前にも一回やったが、それで解散になる訳ではないからこれは望み薄だが、総理の突然辞任はあってもいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
welcome
検索フォーム
リンク