883 ひととき

恒例のふるさと祭り開催。
午前中雨のため雨を予想して屋内ですることを決定。
昼間は雨が降らず準備するのに雨が邪魔にならずしやすかった。
5時にはじめても雨は降らず青空も少し見える始末。
6時、7時になっても雨は降らず予想がはずれ、これじゃあ外でやってもよかったなと思うが、9時過ぎの終わりになって雨が降りだし、皆さんが帰り際に雨の中だった。
参加者は400名ほど。
わがむらの総人口が500名ほどなので単純に言えば80%の人が来たというわけだが、実際はその半分ほどはふるさとに帰省した人たちである。
なので見知らぬ顔が多い。
家を離れた兄弟姉妹、核家族化して地元を離れた子ども。
そしてその家族たちの参加が多いということである。
やはり「ふるさと」というと郷愁を呼ぶか。
そこここでなつかしの顔に出会い昔の話や今の話に花が咲く。
お囃子に乗って踊りのわがだんだん大きくなる。
終わるころには汗びっしょりだった。
そして恒例の豪華景品?抽選会で盛り上がって終了した。
反省すべき点もあるがまた来年も楽しく盛り上げたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク