894 物と記憶

我が村の戦時の記憶を取りもどそう。
ということで、サークル的にグループで取り組み始めた。
戦時の記憶ばかりでなく、江戸期の歴史に関わること、自然に関わること、風俗や生活に関わることなどもテーマとして取り組むことにした。
いわば我が村の全体に関わることを記憶し記録するという一大事業である。
あまり大上段にかぶると失敗するのでぼちぼちと言うことになるができるだけ長持ちさせたい事業である。
今日は、戦時中戦地に行かれた人に送られた「寄せ書き日の丸」を持参した人がいて、これを元にそこに書かれた名前を知っている人などがああだこうだと話が弾んだ。
また昔の古い写真をもとに話も弾んだ。
実物の力は大きい物である。
ということで戦時にまつわる「モノ」や写真、戦時にまつわらなくてもそういう古い「モノ」を収集することも面白いことだと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク