913 やれること

秋の永代経。
説教者は最近薄れている「共に生きる」ことを見直していこうと。
人は人であるが自分だけの人でなくて人間としての間柄を大切にしていこうと。
わげさには「兵戈無用(ひょうがむよう)」のワッペンを貼り付けていらっしゃる。
おれたちが「戦争法案いますぐ廃案」のワッペンを付けていることと同じだ。
「九条守れ」のワッペンを付けていることと同じだ。
「集団的自衛権は無効だ」のワッペンを付けているのと同じだ。
「解釈改憲反対」のワッペンを付けているのと同じだ。
「アベはやめろ」のワッペンを付けているのと同じだ。
「強行採決やめろ」のワッペンを付けているのと同じだ。
「だれの子どもも殺させない」のワッペンを付けているのと同じだ。
「民主主義を知らない首相はいらない」のワッペンを付けているのと同じだ。
「嘘つき首相はすぐやめろ」のワッペンを付けているのと同じだ。
「安保法制は立憲主義に反する集団的自衛権容認に基づく法案だから廃案にすべきだ」のワッペンを付けているのと同じだ。
「丁寧に説明すると云いながら委員会をさぼってテレビに出たりするのは感じ悪いよね」のワッペンを付けているのと同じだ。
「支離滅裂の答弁しかできないような大臣だの女性議員に限ってヤジを飛ばすような首相はそもそも議員さえも失格じゃん」のワッペンを付けているのと同じだ。
「イエスかノーもまともに答えられない首相はことばを知らない」ワッペンを・・・・。
「平和の党が聞いてあきれる金魚の糞党出直せばー」のワッペン・・・。
「シールズ、オールズ、トールズ、ママの会、その他大勢が反対だといってるのに無視しようとする反民主主義政党の高村ってなんだ」のワッペンを・・・・。
「国民なめんな×九条(九乗)」のワッペンを・・・・・。
・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク