955 第98条

第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
○2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

憲法は最高法規であってこの憲法に反するいかなる法律も効力を持たない。
条約などは守らなければならない。
ABらの進める安保法制はまさしく憲法に反するもの。
故に効力を有しない。
故に廃棄しかないということだ。
集団的自衛権は合憲だという嘘・ごまかしは許されない。
勝手に合憲だと言っているだけだ。
勝手にだ。
勝手に言うくらいなら誰でもできる。
しかし憲法に対して勝手に言うことは、勝手に解釈を変えるようなことは許されないことなのだ。
勝手に解釈を変えることは独裁者のすることである。
そんなことはどこかよそでやって欲しい。
それとも家の中(自宅)だけでやって欲しい。
奥さんと二人でやればよいのだ。

今日は九条の会の例会。
まさに今日は「九条」についてマジに学習。
まるこし九条と個別的自衛権を認める解釈九条。
安保法制反対の運動はこのどちらの考えも飲み込んでやってきた(と思うのだが)、ここにきて集団的自衛権は認めないが個別的自衛権と自衛隊の存在を認めるという新しい九条を作って集団的自衛権は明文認めないという考え方を出した人がいる。
あの東京・中日新聞が「特報」という特集でそれを出した。
これはあっと驚く記事であった。
あの東京・中日が出すことに驚いた。
安保法制反対の運動に何らかの水を差すような気がしてならない。
「新・九条」といっているが、小林節氏らが提唱する。
どうすべえか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク