964 多数決

新聞の広告で見たのだが、ケント・ギルバートという外国人が「正論」に書いている。
「憲法九条は憲法に違反している」って意味不明。
どうもこの人はライト系みたいで著書もそんな感じのがあるみたい。
櫻井なにがしの論調もあからさまになってきた。
今こそ憲法改正の時だって。
数を頼りにやり放題。
やるなら今のうちというところだろう。

昨日の中日の社説が冴える。
伊藤真塾長の著書かららしいが、多数決の横暴をたしなめている。
掃除当番をある一人の子にやらせるように多数決で決めてしまった。
やはりこれは数の暴力でありだめであると。
何故だめなのか。
それは人権の尊重からしてだめであると。
たとえ多数決でもやっていいことと悪いことがある。
少数の尊重は民主主義の尊重でもある。1102
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク