983 ドカーン

「世界」12月号を読んでいるが、読むそばから忘れていく感じ。
ぼやっとでもいいからなにか印象に残ることを記憶に残したい。
が、やはりだめである。
毎日5万個の脳細胞がなくなっていくと昔聞いたことがあったが、記憶していたものが無くなっていくことがまさに実感として感じられる。。
今日ある店で出逢った友人の名前を日記に書こうとしたがなかなか出てこず○○さんとしておいた。
昨日ある友人がこの頃は週に2冊のペースで読書していると聞いたが、羨ましい。
退職したら自分もそのペースで読書するぞーと思っていたが、週1どころか月1の読書もできていない。
時間がありすぎるのがだめなのかもしれない。
音楽もあまり聴けていない。
今は寝ながらの音楽であるが、いまだフォーレは身に入ってこない。
もう30回は聴いたろうがだめである。
しかし、多分あるとき急にドカーンと入ってくるような気がするので聞き続けるしかない。
外国語習得もそうかもしれない。
ある時急にドカーンである。1121
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク