1585 歌手好きずき

美空ひばりは、人によって好き嫌いがあるが、歌はうまかった。
美空ひばり並に歌がうまいのは誰か。
これも人によって色々だが、天童よしみを思いついた。
しかし、ちょっとお顔がおしい。
といったらセクハラか差別と言われるかも知れないが、歌は目でなく耳で聞くものだから目を閉じてきくとうまさが分かるというもんだ。
藤圭子は死んでしまったが、うまいと言うほどではなかった。
しかし、声質が好きで5枚組を買ってしまった。
ちあきなおみの好きな人がいるが、そういえばうまいと言えばうまい。
と言うか彼女も声質がいい。
我が友人は加藤登紀子にぞっこんだが彼女も声質といえば声質。
「満月の夕(まんげつのゆうべ)」をうたっている酒井俊(さかいしゅん・女性)も声質と共に歌もうまい。
酒井俊はジャズ系だが日本語の歌も歌う。
今時の歌手はテレビを見ても知らない人が一杯いるが、歌い方もしゃべっているような歌い方が多く(のような気がする)、歌いにくくて好きになれない。
中島美嘉という歌手の「朧月夜~いのり」という曲は偶然聞いたがいい歌だった。

今日は九条の会のニュース印刷。
全部で6500枚の裏表。
途中で印刷機がおかしくなって文字の一部がインクが出なくなる。
しばらくするとインクの供給が出来なくなりアウト。
半分以上は刷れていたのでそれで配れるところだけ配ることにして、ある地区だけ印刷機が直ってから配ることにした。
それにしてもこれだけの枚数の印刷は時間がかかる。
状況が刻一刻と変化していくので、記事の内容が配る頃には古くなっていることが心配である。
しかし、古くなってはいるが状況がこちらが望むような新しい状況に好転していればいいだろう。
こちらがどれだけ動くかによってそれは変わる。
だからまだまだ追及し続けなければならないだろう。

「やめ次官 世間は総理に したいほど」
「あんな人 証人喚問 逃げている」
「あんな人 臨時国会も 逃げている」  0720

1584 過去達未来達

小椋佳の「愛燦々」の歌詞のなかに、
「過去達は優しく睫毛に憩う」
「未来達は人待ち顔して微笑む」
過去や未来を擬人化しているところがくさい。
アメリカ風に言うとクール。
そしてそのフレーズは詩的に言うとシュールである。
過去が睫毛に憩う
過去と睫毛の取り合わせ
そして過去と睫毛とが憩うの取り合わせ

ABの過去達は酷く(ひどく)或いは非道く人にのしかかる。
未来は暗澹として陥没していく
と言ったところか。
「改正」の提案が難しくなってきたと報道。
結構なことだ。
少しずつ破滅に向かっているのかも知れない。

「過去達よ 槍の雨となって 降り注げ」
「未来達よ 深い淵となって 待ち受けよ」0719

1583 ルール

夫婦でバトルをしたときどうするか。
自分は買い物に走る。
高そうなもの。
しかし知れているけど。
今回はバトルの前だったが、モーツアルトのピアノ協奏曲全集。
これは10枚組でバレンボイム盤。
それとラフマニノフのピアノ協奏曲全集。
これは2枚組でアシュケナージ盤。
でも中古で買ったのでそんなに高くはなかった。
バレンボイム盤は多分あっただろう解説書みたいのが入っていなかった。
まあ、中古だし安いし仕方がないか。
今度バトルしたときはアイパッドプロだ。
ペン付きで。

炎天下、また草取り。
ぐだぐだだった。

国会議員等すべて地方議員も含めてルールを作った。
1、議員は世襲できない。
2、歳費は平均的サラリーマンなみ。
3、政活費は一人分の秘書代だけ
4、交通費はかかった分だけ支給する
5、憲法遵守の宣誓書を書く。
6、冠婚葬祭などに電報やメッセージを出さない。
7、選挙に出られるのは2回まで
8、個人パーティなどして金を集めない。
9、企業などからの寄付は受けない。
10、政党助成金は受けない
11、憲法を毎日音読し、出来れば暗記して言えるようにする。
12、「先生」とは呼ばれないようにする。
13、人におごってやったりおごってもらったりしない。
14、1年ごとのテーマを決めて1年が終わったら成果と反省をレポート化して有権者に見せる。
15、有権者とは1年に100人以上と対話する。
16、外国語を一つ以上話せるようにする。
17、1ヶ月くらいは災害現場やフクイチなどで寝泊まりしてボランティア活動をする。
18、異性問題、金銭問題などスキャンダルを起こしたら即刻辞職する
19、ウソの発言をした場合は即刻辞職する。
20、毎日の政治日誌をつけSNSで発表する。必ず自分で書く。
・・・多分まだ続く。to be continued

「議員さん なってみたらば 天国じゃん」
「先生と 言われて尻が むずかゆい」
「これからは 『こんな』議員と 言われぬよう」
「えっあんた 議員だったの ボランティア」
「葬儀での 電報必ず 議員から」0718 最後の場合や読まない場合もあるけど

1582 愛の傘

今日は九条の会ニュースにエネルギーを使い果たしてしまってこれを書くエネルギーがない。
夕べ約1ページ。
今日は3ページ文を書いた。
3日ぐらいかかるかと思っていたが案外早く済んだのでホッとする。
夜、添削に回した。

新聞によるとプルトニウムが日本にたまっているらしい。
原爆の原料だ。
核を持っていることと同じだ。
とんでもないことだ。
しかも減らしていくどころか増える可能性の方が高い。
韓国、台湾は脱原発に舵を切ったが、日本も早く舵を切らないと大変なことになる。
核保有論者の思いを優先させてはならぬ。
自業自得というか自分で自分の首を絞めることになる。
米との関係を絶ち早く核禁止条約を批准すべきである。
「核論者 フクイチ研修 やってから」
「原発を やめて命に 乾杯す」
「将来は 核の傘より 愛の傘」0717

1581 第三項

今日は畑の草取り。
暑いので水を飲む。
腹が水腹になってごにょごにょする。

孫等が帰るというので送っていく。
約1時間半。
娘が近くにいることは有り難い。
近くにも色々あるが。

九条に3項目目を加えてコーメーをくすぐる作戦らしいが無駄なことだ。
「加憲」と言いたいらしいが、「加憲」とは違うらしい。
「加憲」とはある項目に補足的に付け加えることで、条文に反するようなことを加えることではない。
という。
だいたいABの考えた九条3項は前の2項とは相容れない相矛盾するものだ。
と言うのが誰が見てもそう言えるものである。
3分の2があるうちにやってしまいたいのが本音だろうが、いよいよ危うしとなってきた。
が油断はならない。

「第三項 無理と言うより そりゃ無茶だ」
「第三項 無理も無理無理 矛盾過ぎ」
「第三項 無理を通して 道理なし」
「今のうち 無理を承知で 無茶をする」
「あからさま コーメーだけに 思いやり」0716
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク